MCHのHPもご覧ください。

2005年01月14日

スーパー温泉銭湯 vol.2 

 昨日の続きです。私が定める「 良いスーパー温泉銭湯の必要条件 」について、お話しさせて頂きます。


 料金については、”750円以下 ”が希望です。高い料金( 1,000円以上2,000円程度 )を取るのなら、良い施設であって当たり前だと思いますし、各所を回って、600円から750円が平均的料金だと思っています。


 お湯は、多少の「 調整 」がされていても、基本的に”本物の温泉 ”であれば文句は無いです。


 露天風呂の広さは、10人が余裕で足を伸ばせる浴槽が、二つは欲しいです。一つしかない露天風呂が狭いのは最悪です。


 水風呂は、大人5人が余裕で入れる広さであること。冷た過ぎる温度もダメです。17.5度から18度以下が望ましいです。


 浴室または脱衣所に「 冷水機 」の設置があること。公園にあるような水飲み口や、自販機しか置いてないのはダメです。サウナにも入りますし、毎回長湯をします。水分補給は重要です。


 サウナは、20人ぐらいが入れる広さと、画像が綺麗にハッキリ見える大きめのテレビが設置されていること。


 洗い場の間欠シャワーですが、お湯の出る勢いと、量と、出水間隔については、節約のためなのか、出が弱くて少なくて、更に出水間隔が短いのは、とても使いにくくてダメです。まぁ・・こんなところですかね...。
posted by 555号発進! at 22:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

スーパー温泉銭湯

 私は「 お風呂 」が大好きです。当然、「 温泉 」も大好きです。また、「 銭湯 」も大好きです。だから、最近流行りの『 スーパー銭湯 』が大好きです。それも、”温泉 ”の出る『 スーパー温泉銭湯 』が大好きです。


 10日の祝日も、友人二人と行ってきました。場所は「 湯処食処 天然温泉元湯 狭山やまとの湯 」( 住所:埼玉県狭山市入間川1434−4 電話:04−2950−0326 )です。年中無休で大型無料駐車場完備、午前10時から深夜1時まで( 入館は24時まで )営業しています。


 泉質は含ヨウ素-ナトリウム-塩化物泉で、旧温泉分類では食塩泉の仲間に分類される弱アルカリ性の温泉です。屋内の主浴槽と、露天の二つの岩風呂に使用されています。見た目は薄い緑茶色です。有名な狭山茶がブレンドされているのかな?( 笑 )


 料金は平日700円、土日祝は750円になりますが、年会費など一切無い会員カードを200円で作れば、各100円引きになります。入浴料以外でも、食事やマッサージ・あかすり等、全ての利用料金が会員割引となります。何度も訪れれば大変お得です。


 次回は、私が定める「 良いスーパー温泉銭湯の必要条件 」について、お話したいと思います。
posted by 555号発進! at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。