MCHのHPもご覧ください。

2010年01月11日

2009年全米映画年間TOP10

 昨夜の「 SHOWBIZ COUNTDOWN 」で「 2009年全米映画年間TOP10 」が以下の通りに発表された。


第1位 トランスフォーマー / リベンジ ( 興行収入累計 4億211万ドル )・・・・・劇場で鑑賞した。個人的評価は2009年度のNo,2の優秀作品である。PART3は2011年の公開予定である。


第2位 ハリー・ポッターと謎のプリンス ( 興行収入累計 3億195万ドル )・・・・・劇場で鑑賞した。1作目から惰性で鑑賞し続けているシリーズである。


第3位 カールじいさんの空飛ぶ家 ( 興行収入累計 2億9300万ドル )・・・・・劇場で鑑賞した。ピクサーアニメ歴代2位の大ヒット作品である。


第4位 THE HANGOVER ( 興行収入累計 2億7732万ドル 日本劇場公開予定無し)


第5位 ニュームーン / トワイライト・サーガ ( 興行収入累計 2億7456万ドル )・・・・・未鑑賞。


第6位 スター・トレック ( 興行収入累計 2億5773万ドル )・・・・・劇場で鑑賞した。個人的評価は2009年度のBEST5に続くNo,6作品である。


第7位 モンスターVSエイリアン (興行収入累計 1億9835万ドル)・・・・・劇場で鑑賞した。まぁまぁ面白かった。


第8位 アイスエイジ3 ティラノのおとしもの (興行収入累計 1億9657万ドル)・・・・・未鑑賞。


第9位 ウルヴァリン:X-MEN ZERO ( 興行収入累計 1億7988万ドル )・・・・・劇場で鑑賞した。個人的評価は2009年度のBEST5に入る敢闘賞作品である。


第10位 ナイトミュージアム2 バトル・オブ・スミソニアン ( 興行収入累計 1億7724万ドル )・・・・・未鑑賞。
posted by 555号発進! at 01:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

映画「 サロゲート 」前売鑑賞券購入

 ウィル・スミス主演の「 アイ,ロボット 」( 日本公開:2004年9月18日 )は劇場未鑑賞だったが、昨年9月18日の金曜ロードショーで鑑賞した。まぁまぁ面白かった。


 ブルース・ウィルス主演の「 サロゲート 」は、「 アイ,ロボット 」の発展型的な作品と思い、前売鑑賞券を購入した。残念ながら、前売購入特典は無かった。


 アメリカ公開は2009年9月25日。監督は「 ターミネーター3 」のジョナサン・モストウ。興行収入は製作費に遠く及ばず、失敗作と言える。


 今月27日で70歳。「 アイ,ロボット 」でアルフレッド・ラニング博士を演じたジェームズ・クロムウェルが本作にも頑張って出演している。


 今月27日で31歳。22歳で「 007 ダイ・アナザー・デイ 」のミランダ・フロストを演じた当時のロザムンド・パイクは綺麗だった。


 ブルース・ウィルスが演じるグリアーFBI捜査官は、疲れ切った「 ジョン・マクレーン警部補 」に思える。 ”サロゲートのグリアーFBI捜査官 ”は、凛々しく変装した「 ジャッカル 」に似ている。


 2010年1月22日( 金 ) ユートピアが人間を破壊する。
posted by 555号発進! at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

映画「 交渉人 THE MOVIE 」前売鑑賞券購入

 自動車運転中に使用していたハンズフリーイヤホンマイクが壊れた。近々、新しく買い直さなければならないと思っていた。


 「 交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10,000mの頭脳戦 」の前売鑑賞券を購入した。


 前売購入特典の「 これであなたも交渉人!オリジナルハンズフリーイヤホンマイク 」を貰った。嬉しかった。大事に使わせてもらう。


 警視庁刑事部捜査一課特殊犯捜査班( SIT )5係の中では、交渉班係長の墨田耕平( 階級:警部、演:笹野高史 )のボケた言動が誠に面白い。極、たま〜に、熱く真剣に誤りを正す怒りの言葉にベテラン警察官の情熱と信念が光る。


 交渉班主任の宇佐木玲子( 階級:警部補、演:米倉涼子)のモットーは「 人質も犯人も殺さず、死なせずに事件を解決する 」だが、テレビ第2シリーズ最終回では、向かい合った犯人を撃つ事が出来ないままに固まってしまい、人質は至近距離から犯人に撃たれて大怪我を負ってしまう。犯人は直後、交渉班管理官の桐沢圭吾( 階級:警視、演:陣内孝則 )に射殺された。


 宇佐木玲子は「 わたしは、誰も死なせはしない 」と言うが、極限状態の人質にとっては、超イライラする甚だ迷惑な交渉術だと思う。個人的には、特殊部隊SAT( Special Assault Team )の出動を歓迎したい。


 2009年2月11日( 木曜祝日 )日本上空厳戒態勢!
posted by 555号発進! at 17:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

実写版「 宇宙戦艦ヤマト 」予告編放映開始

 「 宇宙戦艦ヤマト 」を実写映画化した「 SPACE BATTLE SHIP ヤマト 」( 「 ALWAYS 三丁目の夕日 」の山崎貴監督 )の期間限定予告編のテレビ放映が元日の0時から始まった!


 僅か数秒の予告編だが、結構イイ感じに思った!CGで画かれたヤマトの姿に若干の違和感を感じなかった訳でもないが、一瞬の間に垣間見れた一部分だけでは、軽々に判断は出来ない。「 復活篇 」のヤマトの勇姿に感涙したので、実写版も期待せずにはいられない!


 華俳優陣総出演!東宝配給で製作費は20億円以上!全体の8割がCG!「 邦画初の本格SF超大作 」の撮影は昨年で終了。本年は編集とCGに9ヶ月を費やし、2010年12月!”実写版 ”「 宇宙戦艦ヤマト 」が銀幕へ発進する!


 < 出演者と役柄 >


古代 進 ( 戦闘班リーダー )・・・木村拓哉
森 雪 ( ブラックタイガー隊 )・・・黒木メイサ
島 大介 ( 航海班長 )・・・緒方直人
真田志郎 ( 技術班長 )・・・柳葉敏郎
斉藤 始 ( 空間騎兵隊長 )・・・池内博之
相原  ( 通信班 )・・・マイコ
佐渡先生 ( 生活班医療科チーフ )・・・高島礼子
徳川彦左衛門 ( 機関班長 )・・・西田敏行
藤堂平九郎 ( 地球防衛軍司令長官 )・・・橋爪 功
古代 守 ( 駆逐艦「 ゆきかぜ 」艦長 )・・・堤 真一
沖田十三 ( 宇宙戦艦ヤマト艦長 )・・・山崎 努


 ( 2009年10月3日 東京中日スポーツ )


デスラー ( ガミラス帝国 総統 )・・・未確認
ドメル ( ガミラス帝国 太陽系方面作戦司令長官 )・・・未確認
スターシャ ( イスカンダル星の女王 )・・・未確認
posted by 555号発進! at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

映画「 2010 」DVD鑑賞

 2009年の年末に「 2012 」を鑑賞した。2010年の新年に「 2010 」を鑑賞した。


 2010年。「 あることが起こる すばらしいことだ 今の私にはすべてが明白だ すべてが すばらしい 」


 ALL THESE WORLDS ARE YOURS EXCEPT EUROPA ATTENPT NO LANDING THERE USE THEM TOGETHER USE THEM IN PEACE


 ”これらの世界はすべてあなた方のもの ただしエウロパは除く エウロパへの着陸を試みてはならない すべての世界を皆で利用するのだ 平和のうちに利用するのだ ”


 いつの日か 人は空を見上げて言う ”我々はこの世界の間借り人にすぎない ” 家主は契約更新と警告を与えてくれたのだ


 人間と人間が命を奪い合う悲惨な争い事の無い平和な2010年でありますように。
posted by 555号発進! at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

2009年度 劇場鑑賞映画 総括

 2009年も本日で終了。1〜12月の劇場鑑賞映画は以下の33作品だった。


 鑑賞前の「 期待 」と、鑑賞後に覚えた「 面白さ 」を基準に、「 期待以上 」だったか、「 期待以下 」だったか、また、「 個人的な趣味 」で、ベスト作品とワースト作品を選んだ。


 < 2009年1〜12月の劇場鑑賞映画 >


1月18日( 日 )「 007 慰めの報酬 」
1月25日( 日 )「 劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーvsゲキレンジャー 」
2月14日( 土 )「 13日の金曜日 」
2月15日( 日 )「 戦場のレクイエム 」
3月8日( 日 )「 ヤッターマン 」
3月22日( 日 )「 DRAGONBALL EVOLUTION 」
3月28日( 土 )「 鑑識・米沢守の事件簿 」
4月11日( 土 )「 レッドクリフ PartU 」
5月3日( 日 )「 劇場版 仮面ライダー超電王&ディケイド 鬼ヶ島の戦艦 」
5月31日( 日 )「 スター・トレック 」
6月6日( 土 )「 ターミネーター4 」
6月13日( 土 )「 真夏のオリオン 」
6月19日( 金 )「 トランスフォーマー リベンジ 」
7月9日( 日 )「 劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー 」
7月9日( 日 )「 侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦 」
7月19日( 日 )「 ノウイング 」
7月19日( 日 )「 モンスター - VS - エイリアン 」
8月8日( 土 )「 G.I.ジョー 」
8月13日( 木 )「 サマーウォーズ 」
8月14日( 金 )「 ハリー・ポッターと謎のプリンス 」
8月29日( 土 )「 20世紀少年 - 最終章 - ぼくらの旗 」
9月5日( 土 )「 バラッド BALLAD 名もなき恋のうた 」
9月6日( 日 )「 サブウェイ123 」
9月23日( 水 )「 ウルヴァリン X-MEN ZERO 」
10月11日( 日 )「 ATOM 」
11月8日( 日 )「 スペル 」
11月21日( 土 )「 劇場版 マクロスF 虚空歌姫 〜 イツワリノウタヒメ 〜 」
11月29日( 日 )「 2012 」
12月5日( 土 )「 カールじいさんの空飛ぶ家 」
12月12日( 土 )「 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 」
12月12日( 土 )「 仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010 」
12月12日( 土 )「 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE 」
12月23日( 水 )「 アバター 」


 < ベスト作品 >


最優秀作品賞・・・・・「 レッドクリフ PartU 」

優秀作品賞・・・・・「 トランスフォーマー リベンジ 」

技能賞・・・・・「 アバター 」

敢闘賞・・・・・「 ウルヴァリン X-MEN ZERO 」

殊勲賞・・・・・「 ヤッターマン 」

優秀カムバック賞・・・・・「 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 」


 < ワースト作品 >


第1位・・・・・「 20世紀少年 - 最終章 - ぼくらの旗 」

第2位・・・・・「 ターミネーター4 」

第3位・・・・・「 サブウェイ123 」


 2010年も、May The Force Be With You!
posted by 555号発進! at 00:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

「 クローン・ウォーズ 」DISC4の教訓

 「 スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ 」ファースト・シーズン コンプリート・ボックス( 4枚組 )[ 初回限定生産 ]のDISC4から第17話〜第22話を鑑賞した。


 全22話を鑑賞し、誠にリアルな宇宙空間の艦隊決戦映像の素晴らしさと、思わず微笑む抜群のユーモアに溢れたセリフの楽しさと、各話に共通した独特のラストシーンの表現は、まさしく「 スターウォーズ 」ならでは!全てが面白かった!


 特に、トワイレック族が住む惑星ライロスを占領した分離主義派のマー・トゥーク将軍( ニモイディアン )が指揮する宇宙艦隊に対し、決死の奇襲攻撃を仕掛けるアナキンとアソーカの活躍と、ワット・タンバー( テクノ・ユニオン代表 )が指揮する地上ドロイド軍部隊に対し、激しい救出作戦を展開するメイス・ウィンドゥとオビ=ワンの活躍と、女性賞金稼ぎのオーラ・シング( 近人間 )と賞金稼ぎのキャド・べイン( デュロス族 )の新登場が良かった!強敵極まりないキャド・べインと、人質交換で釈放されたズィロ・ザ・ハットの今後の動向が注目だ!


 第17話 ブルー・シャドー・ウイルス
 Fear is a disease; hope is its only cure.
 「 恐怖は病だ 癒すには希望しかない 」


 第18話 千の月の謎
 A single chance is a galaxy of hope.
 「 ひとつのチャンスは多くの希望へつながる 」


 第19話 ライロスの嵐
 It is a rough road that leads to the heights of greathess.
 「 偉大な高みに至る道は険しい 」


 第20話 ライロスの罪なき人々
 The costs of war can never be truly accounted for.
 「 戦争の代償は計り知れない 」


 第21話 ライロスの解放
 Compromise is a virtue to be cultivated, not a weakness to be despised.
 「 歩み寄りも勇気の証し 嫌悪される弱さではない 」


 第22話 人質
 A secret shared is a trust formed.
 「 秘密を分かちあうことで絆は強まる 」
posted by 555号発進! at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 クローン・ウォーズ 」DISC3の教訓

 「 スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ 」ファースト・シーズン コンプリート・ボックス( 4枚組 )[ 初回限定生産 ]のDISC3から第11話〜第16話を鑑賞した。全て面白かった!


 特に、ホンドー・オーナカ率いる海賊( ウィークウェイ族 )の捕虜となったオビ=ワンとアナキンとドゥークーが、強力して脱出を試みる楽しさと、実写版より美しいジェダイ・マスターのアイラ・セキュラの活躍と、パントラの若く美しい女性議員チューチーの平和を求める信念と、それぞれ個性豊かなクローン・トルーパーの中から、何と!裏切り者が出る話が良かった!


 第11話 囚人ドゥークー
 The winding path to peace is always a worthy one, regardless of how many turns it takes.
 「 どんなに困難があろうと平和に続く道は歩む価値あり 」


 第12話 グンガンの将軍
 Fail with honor rather than succeed by fraud.
 「 不正で成功を得るより名誉ある失敗を選べ 」


 第13話 ジェダイの遭難
 Greed and fear of loss are the roots that lead to the tree of evil.
 「 強い執着は悪の木を育てる根である 」


 第14話 平和の守護者
 When surrounded by war,one must eventually choose a side.
 「 戦争に巻き込まれれば遂には選択を迫られる 」


 第15話 侵入者
 Arrogance diminishes wisdom.
 「 傲慢は知恵を曇らせる 」


 第16話 内なる敵
 Truth enlightens the mind,but won't always bring happiness to your heart.
 「 真実は目を開かせても幸せをもたらすとは限らない 」
posted by 555号発進! at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

「 クローン・ウォーズ 」DISC2の教訓

 「 スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ 」ファースト・シーズン コンプリート・ボックス( 4枚組 )[ 初回限定生産 ]のDISC2から第6話〜第10話を鑑賞した。全て面白かった!


 特に、迷惑極まりない面倒発生器のジャー・ジャー・ビンクスが、最後はちゃっかり英雄に治まる楽しさと、宇宙で唯一、グリーヴァス将軍に悪態を付いても殺されないドクター・ドロイドの面白さと、ヴェントレスとジェダイ・マスターのルミナーラ・アンドゥリの決闘と、グリーヴァス将軍とジェダイ・マスターのキット・フィストーの決闘が良かった!


 第6話 消えたドロイド
 Trust in your friends,and they'll have reason to trust in you.
 「 友を信じれば自分も信じられる 」


 第7話 ドロイドの決闘
 Yoy hold onto friends by keeping your heart a little softer then your head.
 「 友をつなぎ止めるのは頭ではなく心だ 」


 第8話 型破りなジェダイ
 Heroes are made by the times.
 「 英雄は時代が作る 」


 第9話 闇のマント
 Ignore your instincts at your peril.
 「 危機に際しては本能を無視せよ 」


 第10話 グリーヴァスのアジト
 Most powerful is he who controls his own power.
 「 己の力を制御出来るものが一番強い 」
posted by 555号発進! at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

「 クローン・ウォーズ 」DISC1の教訓

 「 スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ 」ファースト・シーズン コンプリート・ボックス( 4枚組 )[ 初回限定生産 ]のDISC1から第1話〜第5話を鑑賞した。全て面白かった!


 特に、グリーヴァス将軍の指揮の下、驚異のイオン砲で共和国軍を圧倒していた超巨大戦艦マレボランスを撃破するまでの大決戦が良かった!


 第1話 待ち伏せ
 Great leaders inspire greatness in othere.
 「 偉大な指導者は他者の偉大さを引き出す 」


 第2話 マレボランスの襲来
 Belief is not a matter of choice,but of conviction.
 「 信頼は選択ではなく信念である 」


 第3話 マレボランスの影
 Easy is the path to wisdom for those not blinded by ego.
 「 賢明さを得るには思い上がりをすてよ 」


 第4話 撃破!マレボランス
 A plan is only as good as those who see it through.
 「 自分の立てた計画はよく見える 」


 第5話 ルーキーたち
 The best confidence builder is experience.
 「 経験こそが最良の自信を生む 」
posted by 555号発進! at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

「 クローン・ウォーズ 」DVD購入

 「 スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ 」ファースト・シーズン コンプリート・ボックス( 4枚組 )[ 初回限定生産 ]を購入した。


@ 「 日本限定 描き下ろし 特製缶BOX 」が格好イイ!


A 「 日本限定 7種のチャームセット 」( アナキン、アソーカ、オビ=ワン、ヨーダ、クローン・トルーパー、R2D2、C3PO )が楽しい!未開封で保存する!


B 「 日本限定 描き下ろしポスター&オリジナル・ポストカード( 6枚組 )」が嬉しい!未開封で保存する!


C 「 豪華ブックレット付き豪華パッケージ 」が豪華だ!貴重なデザイン画と設定資料( オリジナルスケッチ・アーティストノート )を掲載した68ページに及ぶブックレットは素晴らしい資料価値!


D 「 ピクチャーDISC 」が格好イイ!DISC1は501部隊のキャプテン・レックス、DISC2は212突撃部隊のクローン・トルーパー・ボイル( と思う )、DISC3は41エリート師団のクローン・トルーパー、DISC4のクローン・トルーパーは所属未確認。


E 「 エピソード3 」は豪華なプロモーションだったのか!?ディレクターズカット版の7エピソードを含む全22話の大冒険!新メカ!新キャラ!続々登場!実写と見まごう画期的3DCGアニメ!宇宙で!地上で!大迫力の戦闘シーンを楽しみたい!


F 新三部作では、殆ど画かれる事が無かった大勢のジェダイとパダワンが大活躍する数々のエピソードを楽しみたい!


G 戦う為の消耗品として創り出されたクローン・トルーパーだが、クローンとしての高いプライドを持ち、共和国の勝利の為、仲間の為、自分の為に戦う。考え、悩み、学び、生きる事の大切な意義を知る。ジェダイもまた、クローン・トルーパーの命を尊く大切に扱う。激しい戦争の背景に画かれる、人間・クローン・トルーパーの数々のエピソードを楽しみたい!


H 「 クローン・ウォーズ 」だから、クローン・トルーパーの大部隊が登場するが、全クローン・トルーパーの声を、日本語版声優の金田明夫氏が一人で演じ分ける妙技を楽しみたい!
posted by 555号発進! at 08:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

映画「 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 」鑑賞 vol.3

 「 宇宙戦艦ヤマト 」の面白さ楽しさには、巨大で強力な戦闘兵器を持つ「 敵 」に重要な要素がある。


 大ウルップ星間国家連合の連合艦隊のデザインは素晴らしかった。特に、SUS軍とベルデル軍とフリーデ軍の戦艦は、誠に独特なデザインで楽しかった。


 SUS超巨大要塞だが、全体像がイマイチ良く分からないデザインだ。都市要塞みたいだが、全く良く分からない。


 武人の魂を取り戻し、メッツラー総督が乗り込む旗艦マヤの艦橋目掛け、旗艦シーガルで体当たり特攻したゴルイ提督だが、大口径の3本主砲を近距離で発射すれば、メッツラー総督殺害は可能だったと思う。自ら命を捨てる必要は無かったと思う。


 アマール国家の独立と、未来の平和をヤマトに託し、犠牲になったパスカル将軍の武人魂に敬礼!


 SUSのメッツラー総督やバルスマン総司令官たちって、「 人間 」を超越した誠に不思議な「 何か 」のようだ。その正体は?第2部に期待する。


 「 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 」のDVDは購入したいと思っている。
posted by 555号発進! at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

映画「 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 」鑑賞 vol.2

 伝説の英雄と讃えられる古代進が、何故に辺境で働く宇宙貨物船の船長?真田志郎が地球連邦宇宙科学局長官なら、古代進は地球防衛軍の上級高官か、ブルーノア級大型空母の艦長だろう?


 古代進は平和で安穏な生活に馴染めず、今の任務を志願したようだが、やはり、激しい戦闘から戦闘の中で青春を生きて来た影響で、心の奥に深い傷を負ってしまったものと推測する。


 沈着冷静に攻撃命令を下す古代進の成長した姿は誠に頼もしく、安心して見ていられた。


 ゴルイ提督の武人魂を蘇らせた復活ヤマト初陣の戦い振りは感動的だった。移民船団を守り抜く古代進の強い使命感と、的確な判断と戦術に感動した。


 確かに、森雪も優秀な宇宙戦士だが、スーパーアンドロメダ級最新鋭戦艦の艦長?出世し過ぎでは?


 爆風を受けた森雪の制服が切り裂かれ散る不思議。単なるサービスか?


 相原義一、太田健二郎、南部康雄の消息は?


 ヤマトのチーフパイロットを務める小林淳と、医務担当の佐々木美晴が、コスモパルサーで出撃する優秀なパイロットという設定は、リアル感に欠ける気がする。


 第一艦橋から第三艦橋の距離をエレベーターする折原真帆の座席は結構怖いと思う。


 第三艦橋の崩壊状況では、折原真帆の死亡は確実?って言うか、宇宙空間に吹き飛ばされないのはオカシイ!


 ヤマトの艦首と側面の錨マークは不要と思っている。


 第一艦橋の様子、パッと見は変わらないが、各座席の計器パネルが最新型に変わって超格好良かった。


 敵のミサイルやビームの直撃を受けても、決して沈まないヤマトだが、今回登場したバリアミサイルは、その不思議を解消してくれる新装備だ。


 煙突ミサイルが元気に存在していて嬉しかった。


 高速攻撃が素晴らしいコスモパルサーのリアルな活躍が超格好良かった。


 重爆撃機( コスモパルサー爆装 )の存在と活躍は、誠に頼もしかった。


 特務艇シナノの存在と装備は、殆ど特攻兵器だった。大村耕作副艦長の勇気に敬礼!


 スーパーアンドロメダと主力戦艦がマルチ隊形で拡散波動砲を発射して敵を一蹴する痛快な場面が見たかった。


 主題歌「 宇宙戦艦ヤマト 」は、やはり「 ささきいさお 」だろう。
posted by 555号発進! at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

映画「 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 」鑑賞 vol.1

 26年振りに宇宙戦艦ヤマトの発進シーンを見て涙が出た。


 1974年に放映された「 宇宙戦艦ヤマト 」から、企画・原案・製作・総指揮を務めた西崎義展氏の「 ヤマトの精神 」に共感して来た。今回、「 世の中の人が地球を軽視する気持ちを根本から変えてみたい 」と語る西崎氏のメッセージにも、まったく共感出来る。


 デンマークのコペンハーゲンで開催された「 国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議 」( COP15 )において、多寡だか10年か20年か30年先の自国の利益確保と、ライバル国より優位に立ちたい一心で、面子ばかり気にして、最もらしい理屈を主張する国々のトップは、「 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 」から、「 大事な根本 」を学ぶべきである。


 地球が極めて治療困難な病に侵され、自然環境が壊滅的汚染を受け、動植物が死に絶えるような地域に、人間が幸福に暮らせるはずはなく、そんな国家が、優雅に繁栄することなどありえない。


 「 生き残るべきはヤマトではない!地球だ! 」( by.古代 進 )


 ヤマトが過去、多くの乗組員の尊い命と引き換えに、幾多の激戦に勝利し、守り抜いたものは、これほど愚かな人類と、これほど無慈悲に破壊を許される地球ではなかったはずである。


 戦争の悲惨を知らない戦後の人類は、「 大事な根本 」を知る教育や文化を、全くと言って良い程に、学ぶことの無い環境で育てられて来た。要因の一つと言えよう。
posted by 555号発進! at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

12月12日 再鑑賞を望む3作品

 昨日は劇場映画3本立てハシゴ鑑賞で疲れた。


 AM10:00〜11:40まで、池袋シネマサンシャインで最悪の劇場と判断している6番館で「 仮面ライダー×仮面ライダー ダブル&ディケイド MOVIE大戦2010 」を鑑賞した。2日前に先売券を取得し、希望の座席を確保していたが、場内の傾斜が殆ど無く、前に座る男性の頭で、スクリーンの下に影を作られた。再鑑賞を望みたい。


 PM12:05〜14:30まで、池袋HUMAXシネマズのシネマ3で「 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 」を鑑賞した。3日前に先売券を取得し、希望の座席を確保していたが、ほのかに異臭を放つ浮浪者風の年配の男性が右隣に座り、微かな声ではあるが、場面の折々で感想をブツブツ独り言する奇行が気になって仕方がなかった。再鑑賞を望みたい。

 PM15:30〜17:10まで、シネリーブル池袋の1番館で「 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE 」を鑑賞した。前売券は購入済みだったが、入場券は当日の交換となる為、地球とヤマトの無事を確認してから劇場に向かったが、既に場内は満員に近く、前から2列目、中央通路側の座席しか確保出来なかった。座席の設置そのものを疑う、頭を反ってスクリーンを見上げる最悪の席だった。更に、知的障害者と思われる中学生程の男の子が左隣に座り、場面の折々で歓喜の思いをジェスチャー入りで語られ、純粋な心でウルトラマンを応援する大切な友人とは思ったが、気になって仕方がなかった。再鑑賞を望みたい。
posted by 555号発進! at 16:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

映画「 さらば宇宙戦艦ヤマト 」DVD鑑賞

 1978年8月5日に公開された「 さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 」のDVDを鑑賞した。


 大艦隊を率いる巨大な悪の帝国に、一隻の戦艦が戦いを挑む「 戦争映画 」である。乗組員の多くが戦死する。大勝利の為には、大きな代償が必要なのだ。大事な人、愛する人を守る為、盾になる者、犠牲になる者。生き残る者に、未来の夢を託して逝く者。戦争は悲惨なのだ。


 人間が、人生の最期を意識したその時、自らに与えられた「 使命 」( 命の使い方 )の大きさ、重さを自覚し、知恵と勇気と、愛の力で偉大なる決意を果たそうとする姿が、「 特攻 」という表現に見えても、それは、「 生きる為に行く 」行動なのである。その行為に、「 地球の皆の願いが込められている 」のだ。そして、その時初めて、不可能が可能になるのだ。


 西暦2201年 ヤマトは永遠の旅に旅立っていった・・・


 映像特典として、当時の制作スタッフの証言を基に作成された初公開当時の最終テロップが懐かしい。


 そして!12月12日( 土 )PM12:05より!池袋HUMAXシネマズのスクリーン3にて「 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 」を鑑賞する!
posted by 555号発進! at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

映画「 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 」DVD鑑賞

 『 宇宙戦艦ヤマト2 』(1978年10月14日〜1979年4月7日まで全26話放送 )の続編として、1979年7月31日に放映されたテレビスペシャル『 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 』( 1981年3月14日に劇場公開 )のDVDを鑑賞した。


 もともとテレビスペシャル作品の故だろうが、哀し過ぎる程いい加減な作画と、セル画に付着した汚れ、糸クズ、塗料の飛び散り跡など、鮮明に分かる高画質である。


 11種の未公開カット( 字幕入り静止画 )が嬉しい特典収録。


 特に、地殻の亀裂を爆撃してマグマの噴出を誘い、イスカンダルを暴走させる為に古代守が水雷艇で出撃する。暗黒星団帝国の戦闘機が追撃する中、古代進は編隊を危険にさらせないとヤマトに帰還。その判断を守も認める。しかし!艦長代理の古代進の許可も無く、独断で真田さんがコスモタイガーIIで援護に出撃!守を助け、無事に帰還して古代進と握手を交わす。「 宇宙戦艦ヤマト 」らしいエピソードである。


 また、突如出現した赤色巨星に呑み込まれ焼かれる運命のイスカンダルを救う為、近距離の小惑星を狙って波動砲発射寸前のヤマト。しかし!何者かが赤色巨星の向こう側から先制砲撃を放ち、その反動でイスカンダルは軌道を離脱し危機を脱する。タイミング良い砲撃を行なったのは浮遊要塞ゴルバらしい。内容濃いエピソードである。
posted by 555号発進! at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

映画「 パニックインスタジアム 」DVD鑑賞

 1977年3月に劇場で鑑賞した「 パニックインスタジアム 」( 原題:Two-Minute Warning 監督:ラリー・ピアース )のDVDを購入。十数年振りの鑑賞は誠に感慨深かった。


 別々の照明塔に配置されていた第1、第2狙撃手のSWAT隊員が犯人の先制狙撃で殺されてしまうが、先に照準を付けていたのは2人のSWAT隊員だった。この直前に、観衆に最初の狙撃被害者が出る。SWAT隊員は先手を打つ( 撃つ )十分なチャンスを逃すミス・ジャッジを犯した。


 犯人に第1弾を発射したSWAT隊員だが、胸や首や頭部が撃てる絶好の狙撃チャンスだったのに、左腕の付け根の付近を撃つミス・ショットを犯した。一件落着が、無差別狙撃の大量殺人事件に発展してしまう。この直後、犯人は6発を発射している。


 犯人が潜む聖火塔に先頭で突入したSWATのバトン隊長だが、無用心過ぎる体の出し方で、傷付いた犯人の反撃の一発を左肩部に受ける軽率なミス・アクションを犯してしまう。


 その直後、傷付いた犯人は逃げ惑う群衆に向かって14発を発射している。この間、犯人を射殺可能な至近距離に接近していたホリー警部とバトン隊長らSWAT隊員は、犯人の凶行を阻止出来ないミス・アクションを続けてしまう。


 しかし!何と言っても!10万の大観衆が一斉に場外に逃げ出すパニック・シーンが物凄く超リアルで恐ろしい!とてもとても演技とは思えない!これこそ!「 これは映画か!? 」と錯覚できる名シーンである!
posted by 555号発進! at 23:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

今年も残り1ヶ月

 今年も残り1ヶ月。2009年1〜11月の劇場鑑賞映画は以下の28作品。


007 慰めの報酬
劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーvsゲキレンジャー
13日の金曜日
戦場のレクイエム
ヤッターマン
DRAGONBALL EVOLUTION
鑑識・米沢守の事件簿
レッドクリフ PartU
劇場版 仮面ライダー超電王&ディケイド 鬼ヶ島の戦艦
スター・トレック
ターミネーター4
真夏のオリオン
トランスフォーマー リベンジ
劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー
侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦
ノウイング
モンスター - VS - エイリアン
G.I.ジョー
サマーウォーズ
ハリー・ポッターと謎のプリンス
20世紀少年 - 最終章 - ぼくらの旗
バラッド BALLAD 名もなき恋のうた
サブウェイ123
ウルヴァリン X-MEN ZERO
ATOM
スペル
劇場版 マクロスF 虚空歌姫 〜 イツワリノウタヒメ 〜
2012


 12月は以下の5作品を鑑賞し、2009年の劇場鑑賞映画は33作品で終わる予定である。


12月5日( 土 )鑑賞予定・・・・・カールじいさんの空飛ぶ家
12月12日( 土 )鑑賞予定・・・・・宇宙戦艦ヤマト 復活篇
12月12日( 土 )鑑賞予定・・・・・大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
12月12日( 土 )鑑賞予定・・・・・仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010
12月19日( 土 )鑑賞予定・・・・・アバター


 ちなみに、12月11日( 金 )の夜は第一次クリスマス会。翌日は居眠り注意で3本立てハシゴ鑑賞。夜は居眠り注意で忘年会。安全第一・無事故第一・健康第一で頑張りたい。
posted by 555号発進! at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

映画「 2012 」鑑賞

 地球各地が崩壊する未曾有の天変地異映像は観た事が無い驚愕の大迫力でハラハラドキドキ&悲痛な犠牲者続出+必死ギリギリ危険な脱出ドラマは良かった。


 「 地球上のすべての人々に捧ぐ感動のラストが、私たちを愛で包み込む! 」と書かれた宣伝チラシの言葉だが、特別な感動は全く無かった。って言うか、”生き残る権利を認められて選ばれた人間たち ”の選出過程を考えると、それが現実的な真実と思えても、地球人類の文明・文化・生活の復興、繁栄、幸福など、希望ある未来の到来が誠に心配に思えるラストだった。


 「 さすがエメリッヒ監督だけあってSF的要素も盛り込んでいるので本誌読者は必見! 」と書かれたハイパーホビー12月号の紹介記事から、その”オチ ”を、第一番の楽しみにしていたが、第3種接近遭遇は無かった。時間と空間を超越した超常現象的なハッピーエンドも無かった。大宇宙全能の神も登場しなかった。


 世界主要各国政府のトップが協力して世界中の一般民衆に絶対に知られる事なく2年余の短期間で極秘裏に中国の山奥に大秘密基地を造って超未来的最新鋭巨大方舟を何隻も建造した事実は絶賛に値する。
posted by 555号発進! at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。