MCHのHPもご覧ください。

2005年07月03日

映画「宇宙戦争」鑑賞

 ハッキリ言って!大きく期待外れ!誠に残念でした!確かに、”リメイク”なんだろうけど、’53年版と殆ど同じじゃないですか!?ティム・バートン監督の「猿の惑星」みたいに、どんな”新たな新解釈”を最新の映像技術で観せてもらえるものかと、マジに楽しみにしていましたが、本当に残念でした!

 6月28日の日記にも書きましたが、私が一番関心を持って観たかったものは、クルーズとファニングらの「家族愛」とか「親と子の絆」ドラマではありません!仮にそうだったとしても、ドラマ部分には、涙を誘われる感動シーンなど全くありませんでした!

 ロビーが父親を嫌って反抗的な態度を見せるのはいいんだけど、それが何故「宇宙人と戦いたい!」っていう行動になるの?死ぬかもしれないという行動をとる事が、父親に対する彼の反抗意識の表れなの?もし違うのなら、あそこまで執着する彼の気持ちって、いったい何処からくるものなの?だいたい、あの爆発の炎の中で彼が生きていたというオチは、余りにも都合が良過ぎませんか!?

 また、オギルビーの考え方や行動は、あのような極限状態の下では、確かに一理はあるものだと思うのですが、それが自分達にとって危険を及ぼし兼ねないからといって、レイは彼を殺しちゃったの?それはマズイんじゃないの!?一番怖いものは、恐怖で心が追い詰められ、精神コントロールを失った群衆行動と、レイ!オマエの所業だ!

 ’53年版において、あれだけ印象的だった「ウォーマシンのデザイン」と「宇宙人の姿」、そして「オチの付け方」に対し、今回はどのようになるのか?当然、「インデペンデンス・デイ」は比較をする対象作品となります。そのうえで、スピルバーグ監督はどう作るのか?私なりに四つにまとめたポイントについて、その結果を確認しておきます。
 
@ 「ウォーマシン(トライポッド)」って、どんな物なのかな?

 これって、「ヤマトよ永遠に」に登場した暗黒星団帝国の掃討三脚戦車のパクリそのまんまじゃないの!?そこに若干、「マトリックス」に出ていた”タコメカ”の要素を入れましたって感じ?予想した通り過ぎて唖然としてしまいました!また、デス・レイと呼ばれる光線についても、基本的には’53年版と同じ破壊効果でした。ただし、衣服のみを残して人間を”瞬間焼却 ”する特殊映像はとても面白かったです。( お詫び:原作が連載された雑誌”アメージング・ストーリーズ ”のイラストを確認!「 ヤマトよ永遠に 」のパクリじゃなかった!撤回させていただきます! : 11月11日追記 )

 100万年前から地球の地下深くに隠れていたという設定ですが、普通に考えて、ちょっと無理があるオカシナ話だと思いましたが、その辺の説明は全く無し・・・。「あまり真面目に考えるな」という事なのでしょう・・・。

A 敵の「母船または母星」は登場するのかな?

 これは私の希望的なものでしたが、全く登場せずでした。天空から地面に向けて激しい稲妻を放ち、その稲妻の中に隠して宇宙人の乗ったカプセルを地底に打ち込んで来る訳だから、空だか宇宙だか知らないけど、そこには母船があるはずですよね?彼らはどうしたのかな?

 また、’53年版でも同じことが言われましたが、大昔から地球を観測していたはずなのに、水や大気の成分を分析していないのは絶対に変です。何も考えずに裸で他の星に降り立つほどのバカだったってこと?バカにあんなスーパーメカは造れないと思うけど・・・。

 もし、地上部隊にダメージが発生したら、母船にいる連中は防護マスクを付けたり、防護服を着て来ればいいんじゃないの?引き続き攻撃出来るはずですよね?

B 今回の「宇宙人」の姿って、どんなものかな?

 ’53年版の方が全然良いと思いました。やや小柄だけど、殆ど「インデペンデンス・デイ」に出て来た宇宙人のマネっぽかったです。動き方と、特に顔立ちが似ていると思った。「実は親戚なんですよ〜」と言うなら納得しますが。(笑)

C 彼らが地球に「来た理由」と、最後の「オチ」はどうなるのかな?

 ’53年版の冒頭ナレーションでは、彼らの母星が寿命となり、移住を目的に地球に来たとのことでした。ガミラス星人と同じように、侵略という認めたくない形ではありますが、彼らにも戦う理由があった訳です。今回は何だったの?モーガン・フリーマンの冒頭説明には、特に何も語られ無かったと思うけど・・・。

 納得出来ない曖昧で不確かな理由のもと、他国へ先制攻撃をするどこかの国(政府)への抗議の意味でも含まれているのかな?

 トライポッドの防御バリアーが突然解除されたのは何故?宇宙人の体に致命的な異変が起きたとしても、あえて機械的な操作をしなければ解除なんかしないんじゃない?

 物語の後半、一定の種類の献血を募るシーンがあり、その後でトライポッドが人間の血(体液か?)を抜き取るシーンがあったので、その成分か何かが宇宙人敗北の原因となるのかな?と思ったけど、全然違いました。

 いよいよラストシーンとなりましたが、あれ!?まさか!?それは無いよね!?と、思っている間に、”事”は終わってしまいました。嘘!?これじゃ前と同じじゃん!?ホントにこれで終わりかい!?と思う間に、ホントにそれで終わっちゃいました・・・。そして、虚脱感一杯で劇場を後にしました・・・。




関連記事

映画「宇宙戦争」6・29公開
posted by 555号発進! at 20:53| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(26) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBさんくすで〜す☆私も持ってきました!

私は’53年版は観てないので、なんともいえないのですが、
「ヤマトよ永遠に」に反応してしまいました!これは観ましたよ〜!
すんごい人気だったんだ!
カメラ持った男の子たちがわんさかいて。
サーシャのアップの場面ではフラッシュの洪水で、さながら記者会見のようでした!?
(今では考えられない光景ですねえ。)
で・・、メカの方は・・全然覚えてません。←ダメぢゃん。
って、「宇宙戦争」の話でしたね。

まあ、この映画、宇宙人よりも何よりも、一番コワイのは人間だってことでしょうか。
あの群集心理の恐ろしさとか、レイのやったこととかね・・。
ツッコミどころ満載ですが、
前半の未知なる物への恐怖の描き方はゾクゾクするほどよかったです。
あと、「レイなりの子守歌」、あまり評判よくないようですが、私は好きです〜♪
Posted by 岬千里 at 2005年07月07日 09:24
>岬千里さん
コメント有り難うございます。
「宇宙戦艦ヤマト」はTV版・劇場版全作を通し、最高に燃えた作品です。今でも新作の製作発表を心待ちしています。って、「宇宙戦争」の話でしたね。
>成長して、報われたかどうかは?
ホントにそうです。今回の出来事を経験し、レイとロビーの関係は勿論、あの「家族」は元の幸せを取り戻せたというオチ?よく分かりませ〜ん。
Posted by MCH青木 at 2005年07月07日 22:11
TB&コメントをありがとうございました。こちらからもさせていただきます。
的確な批評、全く同感です(^^)
あの状況で息子が無事…というのが一番信じられません。ホント、突っ込みどころ満載です。
「父親はわが子を守るためにこんなに頑張れる」と書けば父性愛の物語なのでしょうが、「自分と家族が助かるために1台だけ動く車を盗み、頼まれた知人の娘を顧みず、当座の安全と食べ物を確保してくれた人を殺す」と書けばこれは利己愛の物語になってしまいますよね。
…といろいろ考えると、嫌な気分になるので私はパニック映画と捉えることにしました。。
またご縁がありましたらよろしくお願いいたします。
Posted by ぱやん at 2005年07月09日 10:02
>ぱやんさん
コメント有り難うございます。
>パニック映画と捉えることにしました。。
同感です。昔流行った”災害パニック映画”と同じと考え、革新的なVFXを観て、単純に「スゲェ〜」と感心出来れば良いのでは?と思います。
Posted by MCH青木 at 2005年07月09日 17:49
コメントそして,『バットマン ビギンズ』,『スターウォーズ/シスの復讐』へのTBありがとうございました.

この宇宙戦争ではドラマ性は極めて乏しい感じでしたね.なんでそうなるの?っていう行動もあり,最後はオリジナルと同じ終わり方.これがきっと宇宙人を倒す手がかりになるはず!っていう期待も虚しかったです.

しかし,映像と音響効果による迫力が楽しめたのでヨシとします!ではでは!
Posted by あむ at 2005年07月10日 23:02
>あむさん
コメント有り難うございます。
本当はドラマ性を重視したかったのでは?いや、重視しているつもりなのでしょうが、乏し過ぎて伝わりませんよね。期待し過ぎたオチについては、極めて残念に思っています・・・
Posted by MCH青木 at 2005年07月10日 23:44
 TBありがとうございますm(_ _)m

 正におっしゃる通りです!全世界同時公開
とゆー「期待感」を煽る方法をとりながらも
フタを開ければ…

 特に「バリア」の件に関しては、どーして
も腑に落ちなさ過ぎ。あれだけの高度な文明
を持ちながらも、その根拠を裏付けるモノが
何も開示されてないのは、いかんともしがた
いモノでしたね。
Posted by たましょく at 2005年07月20日 23:12
>たましょくさん
「バリア」の件ですが、科学や物理の知識があるはずも無く、ましてや、そこから瞬時に的確な判断を下すことなど、絶対に有り得ない肉体労働者のレイが、果敢にバリアの解除を指摘するシーンも、同じく、如何ともし難いモノです・・・。
Posted by MCH青木 at 2005年07月21日 00:50
昔私が小さいときに観た映画の落ちと同じなので,リメイクしたものかなと思うんですが.そのときは宇宙人が出てくるのが珍しく,子供ながら感動してみていました.今回のも家族向けですね.
Posted by わんにゃー at 2005年09月03日 16:11
>わんにゃーさん
コメント有り難うございます。
リメイクしてくれた事を大変喜び、大きな期待を抱いて観に行ったのですが、余りにも予想通りのトライポッドのデザインに唖然とし、リメイクそのまんま過ぎる宇宙人の登場シーンに呆然とし、一番重要な「落ち」については、ただただ愕然としてしまいました・・・。
Posted by MCH青木 at 2005年09月03日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4806732

この記事へのトラックバック

宇宙戦争
Excerpt:  片方の目が失明し、やがて両目とも失明したと思っていたら、ついに声だけの存在になった・・・もしや、彼は神か?!そういや、去年は「神」だったか・・・  スリラー、ホラー、アドベンチャー、SF、パニック..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-07-07 07:41

あんなに頑張ったのに。
Excerpt: おとーさんは切ないね。 おかーさんには勝てないのね。 ちょーっと切なくなっちゃったりして。 トム・クルーズ演ずるレイ・フェリアーの苦笑い。 (どーでもいいけど、つい「フェアリー」って読..
Weblog: 一路平安。
Tracked: 2005-07-07 09:25

宇宙戦争
Excerpt: レイトショーで「宇宙戦争」を観てきた。感想は「う??ん…」(^^; 「父親って、我
Weblog: きみの瞳
Tracked: 2005-07-09 10:03

宇宙戦争(映画館)
Excerpt: 彼らはすでに地球(ここ)にいる 無敵なのは宇宙人じゃなくてトム親子あんたたちだ!って言いたいね。 ビーム光線にも当たらなく海に落ちても自力で岸まで辿り着くトムパパは無敵さ! しまいには宇宙人が乗ってた..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2005-07-10 17:26

宇宙戦争
Excerpt: ? 戦争に対して、個人的に稚拙なる持論を持っている。 世界平和は、異星人による侵略がもたらされるまでなくなることはない! 宗教の違いによる争い、民族の違いによる争い、異なる歴史観による..
Weblog: ドリアンいいたい放題
Tracked: 2005-07-10 22:47

映画『宇宙戦争』
Excerpt: ネタバレはないはずです.今CMなどで話題の『宇宙戦争』を早速見て参りましたので雑感を.??彼らは,すでに地球(ここ)にいる.??地球最後の戦争は 人類が起こしたものではない.いま試される,愛と勇気――..
Weblog: Trace Am's Life to Success
Tracked: 2005-07-10 22:49

宇宙戦争
Excerpt: †宇宙戦争』オリジナル・サウンドトラック-CD-宇宙戦争宇宙戦争(1952年製作)(期間限定)私はSFとか宇宙生物モノの映画はこんなモノかと思って観ましたが、一緒に観た友達はボロクソ言ってました。内容..
Weblog: DOG*NET
Tracked: 2005-07-18 00:32

宇宙戦争
Excerpt:  特に観たかったというわけでもなかったのですが、せっかくバイトが休みでこれといってすることもなかったので、観てきましたYo〜!「宇宙戦争」をな!  今年の夏の話題作の一つでもある本作ですが、「スター..
Weblog: なにも起こらなかった一日の終わりに
Tracked: 2005-07-20 20:37

宇宙戦争
Excerpt: 数日前にCATVで昔作られた本家の作品を放映してまして、後半部分だけですがちょこっと観たためにオチ(ラスト)がどうなるか知ってしまいました...。 今作の映像や音楽はとてもよかったです。かなり迫力あり..
Weblog: まったりでいこう〜
Tracked: 2005-07-20 21:07

宇宙戦争
Excerpt: 視点 ・ 1人称(レイの視点)で描かれている。 ・ だから、アメリカ以外のシーンは出てこない。 ・ ID4のように、有名な建物の破壊シーンもない。 ・ 宇宙で戦争はしていない。 ・ 戦争映画でもない..
Weblog: うぞきあ の場
Tracked: 2005-07-20 21:52

★「宇宙戦争」
Excerpt: 6/29(水)世界同時公開なので週末のレイトショウで観ようかなっ・・・て思ってたけど。 午前零時きっかりから上映するところもあるのを発見。 TOHOシネマズ川崎で観て来ました。 ネット予約して・・・し..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-07-20 22:49

『宇宙戦争』
Excerpt: ■監督 スティーヴン・スピルバーグ■キャスト トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ミランダ・オットー、ダニエル・フランゼーゼアメリカ、ニュー・ジャージー。ロビーとレイチェルという2人..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-07-20 23:07

宇宙戦争
Excerpt: 「宇宙戦争」 評価 ★★★★☆ (おまけで4つ)  主人公レイ(トム・クルーズ)は、出産を控えた妻を実家へと送り出し、二人の子供レイチェル (ダコタ・ファニング)とロビーの面倒..
Weblog: 何を書くんだろー
Tracked: 2005-07-20 23:14

宇宙戦争 感動なくとも映像は最高(少しネタバレアリ)
Excerpt: タイトル:宇宙戦争(原題:War of the Worlds)/パラマウント ※原作本:1898年初版H・G・ウェルズ,角川書店261p 540円など ジャンル:空想科学小説の映画化/2005年/11..
Weblog: もっきぃの映画館でみよう
Tracked: 2005-07-21 05:12

宇宙戦争[War of the Worlds]
Excerpt: ★リメイクなようでリメイクでない、スピルバーグの新作 監督:スティーブン・スピルバーグ 脚本:ジョシュ・フリードマン、デビッド・コープ宇宙戦争 (トム・クルーズ主演) 売り上げランキング : おすす..
Weblog: ヒトコトシネマ☆インプレッション
Tracked: 2005-07-23 09:34

「宇宙戦争」
Excerpt: 「宇宙戦争」 ファーストディを利用してを観てきました。   感想は、 スッキリしない、モヤモヤした感じ。 H・G・ウェルズ原作のSF映画ですよね。 家族愛を描いたパニックムービーだと思うの..
Weblog: わたしの見た(モノ)
Tracked: 2005-07-24 13:26

「宇宙戦争 字幕版」を観てきました 2005-07-24
Excerpt: 「宇宙戦争 字幕版」を観てきました。 監督:スティーブン・スピルバーグ 主演:トム・クルーズ / ダコタ・ファニング / ジャスティン・チャットウィン / ティム・ロビンス 他 原作:H・G・..
Weblog: ブツヨク人 〜 ブツヨクノススメ 〜
Tracked: 2005-07-24 17:39

「宇宙戦争」評/少年が夢みる、絶望の光景
Excerpt: 『宇宙戦争』(05/アメリカ/スティーブン・スピルバーグ) Text By 膳場 岳人  世界の終わり/人類滅亡。人々は巨大な破壊の前になすすべもなく立ち尽くし、絶望を道連れに逃げ惑うのみ――。健全な..
Weblog: I N T R O+blog
Tracked: 2005-08-29 00:30

宇宙戦争、アイランド、星になった少年見たよ
Excerpt: 今日は池袋で映画を3本見ました。宇宙戦争、アイランド、星になった少年の順番で見ました。要するに、評判の悪い順に見ました。 以下、感想。ネタバレは白文字なので反転して見るヨ??
Weblog: わにわにしちょし
Tracked: 2005-09-04 12:24

宇宙戦争
Excerpt: DVDで、トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス 出演、スティーヴン・スピルバーグ 監督作品の「宇宙戦争」を観ました。 ●ストーリー アメリカ東部のニュージャージーに暮らす港湾労..
Weblog: Rohi-ta_site.com
Tracked: 2005-11-10 08:42

「宇宙戦争」を観ました。
Excerpt: スピルバーグとトム・クルーズが手を組んだ大作、「宇宙戦争」。期待しないわけには行かない。原作は読んでない。有名な小説だけど、女には縁が無いし。 公..
Weblog: 私でもいいですか?
Tracked: 2005-11-11 15:18

『宇宙戦争』
Excerpt:  2005年  アメリカ  114分  SF  監督 スティーヴン・スピルバーグ  出演 トム・クルーズ      ダコタ・ファニング      ティム・ロビンス      ジャス..
Weblog: ヂスカスの森
Tracked: 2005-11-13 17:15

映画「宇宙戦争」
Excerpt: H・G・ウェルズ原作のSF超大作「宇宙戦争」のリメイク作品です。スティーヴン・スピルバーグ監督ということで期待していたのですが、少し期待ハズレでした。さすがに特殊効果はよく出来ています。トライポッドが..
Weblog: しょうちゃんの映画観賞日記
Tracked: 2005-11-13 20:58

映画DVD「WAR OF THE WORLDS」
Excerpt: 今日のお題は、映画(DVD)。先日買っておいた「WAR OF THE WORLDS」(パラマウント)である。監督があのスティーブン・スピルバーグ、メインキャストにトム・クルーズ等(以下私的に無名なので..
Weblog: 時評親爺
Tracked: 2005-11-20 12:21

宇宙戦争 今年の227本目
Excerpt: 宇宙戦争 ん〜、、、、家族愛のお話ですか??にしては、親父はダメすぎ、子供達もひねくれすぎ、、、ホント、親の顔が見たいわ、っていう感じ。 つまり、トム・クルーズ とダコタ・ファニング ちゃんの演技..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2005-11-23 22:49

映画『宇宙戦争』2週連続レンタル1位!
Excerpt: レンタルDVD(2005年11月7日から11月13日まで) 1位(初):『宇宙戦争』 2位(1):『バットマン・ビギンズ』 レンタルDVD(2005年11月14日から11月20日まで) 1..
Weblog: 萌えきすとらBLOG
Tracked: 2005-11-27 15:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。