MCHのHPもご覧ください。

2010年07月05日

映画「 ユニバーサル・ソルジャー リジェネレーション 」鑑賞

 1992年11月14日に日本公開されたSFバトル・アクション映画、「 ユニバーサル・ソルジャー 」の正当な続編、「 ユニバーサル・ソルジャー リジェネレーション 」を鑑賞した。


 リュック( ジャン=クロード・ヴァンダム )とスコット( ドルフ・ラングレン )の宿命の2人!今回、18年の時を経ても、スコットは相変わらず情緒不安定の残虐暴走状態で復活!因縁極まる第3回戦は、特撮・スタント無し!リアルな拳!蹴り!T-800対T-1000や、T-850対T-Xとは違う、本物の肉弾戦が迫力満点だった!


 しかし、無理な希望だが、今年10月で50歳のヴァンダムと、今年11月で53歳のラングレンの、年季を重ねた顔の変化は哀しかった。特にヴァンダムは、長年の苦労の重さが滲み出過ぎている。と思う。


 最先端の兵士再生プログラム”NGU ”( ネクスト・ジェネレーション・ユニバーサル・スルジャー )の戦闘能力は素晴らしかった!今年2月で31歳、身長193cm、体重110キロのアンドレイ・”ザ・ピットブル ”・アルロフシキーは、顔の色艶も良く、スピードとパワーも申し分なかった。ガチ勝負では、リュックに勝ち目は無い強敵である。


 リュックが勝利した要因は、咄嗟の先読み判断、ある意味、ずる賢い作戦勝ち、逃げ勝ち、とも言える。しかしそれは、リュック独特の戦闘特技なのだろう。と思う。


 そしてリュックは、スタローン直々の「 エクスペンダブルス 」のオファーを蹴り飛ばし、続編の「 ユニソル 3D 」に向かって走り去ってしまった・・・?
posted by 555号発進! at 06:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155460670

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。