MCHのHPもご覧ください。

2010年05月04日

スーパー銭湯 おふろの国

 「 スーパー銭湯 おふろの国 」( http://www.ofuronokuni.co.jp )に行って来た。料金は700円( 平日は600円 )だった。


 9種の効能が厚生労働省に認められているらしいが、”天然温泉 ”ではない。「 露天風呂 」は無色透明無味無臭の普通の湯。面白くない。


 「 月見の炭酸泉 」は、1リットルに1g以上の炭酸が溶け込んだ「 高濃度炭酸泉 」で、全身に独特の刺激を感じさせる心地良さ。味は温かいラムネそのもの。3分の入浴で、血行が6〜7倍も良くなるらしい。15分の入浴を、時間を空けて3回実施した。


 「 露天岩風呂 」と「 月見の炭酸泉 」が設置されている露天スペースは誠に狭い。「 寝湯 」は無い。「 壷湯 」も無い。


 「 世界遺産熊野古道・丸太熱湯 」には、長さ1.5m、直径18cmのヒノキの間伐材が丸ごと湯舟に浮いているが、ヒノキの香りは殆ど全く香ってなかった。面白くない。


 本日の「 アロマテラピーサウナ 」には、「 イギリス産 純アロマ ユーカリ 」が使われていたらしいが、殆ど全く香ってなかった。面白くない。


 本日の「 RELAX日替人肌の湯 」のメニューは「 イタリアワイン 」だった。ほのかに甘酸っぱさが香る、誠に鮮やかなローズピンクの湯。味な感じられなかった。体温に近い36.4〜6度に調整され、気持ち良く長湯してリラックス&リラックス。


 「 深さ90cm備長炭水風呂 」には、鍵の掛かった2つのステンレス箱が浴槽内に設置されているが、備長炭の存在は見えない。面白くない。


 午後12時55分に入館し、午後3時55分に退館した。「 ふろに恋 」と言われるが、二度と再び訪れる事は無いだろう。
posted by 555号発進! at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。