MCHのHPもご覧ください。

2010年02月17日

損害保険募集人試験 vol.6

 本日15時から「 損害保険募集人資格更新試験 」に再挑戦した。昨年9月は油断から完敗したが、今回は十二分に勉強した・・・つもりだったが、敵は必殺技を連発!全く勉強外の出題攻撃を受けた!


 戸惑う時間を与えられたが、45分の試験時間の内、30分で全50問を回答した。


 以下の記載は正しいか?誤りか?の問題に対し、全て間違えた。1問2点×6問=12点の減点。結果は88点。一応、試験は合格した。


@ 保険契約の締結にあたって、代理店が、保険契約者等に説明する保険契約の契約条項のうち重要な事項には、損害保険契約者保護機構に関する説明は含まれません。 ( 答は○ )


A 金融商品販売法では、顧客が金融商品販売業者等に損害賠償を請求する場合、その金融商品販売業者等が重要事項を説明しなかったことと、説明しなかったことによって生じた損害との因果関係について、顧客自らが立証しなければなりません。 ( 答は× )


B 自賠法では、農耕作業用小型特殊自動車は、自賠責保険への加入が義務付けられていません。 ( 答は○ )


C 自賠責保険における「 後遺障害による損害 」の被害者1名に対する保険金額( 支払限度額 )は、神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残した場合において、常時介護が必要なときは4,000万円、随時介護が必要なときは3,000万円となります。 ( 答は○ )


D 地震保険料控除の対象となる地震保険契約は、家屋を保険の目的( 対象 )とする場合、保険契約者本人または本人と生計を同じくする配偶者その他の親族がその家屋を所有し、常時居住していることが要件となります。 ( 答は○ )


E 血族相続人には相続に順位があり、第1順位者は子(またはその代襲相続人)、第2順位者は直系尊属、第3順位者は兄弟姉妹(またはその代襲相続人)で、先順位の者がいるときは、後順位の者は相続人になれません。 ( 答は○ )
posted by 555号発進! at 21:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。