MCHのHPもご覧ください。

2010年02月01日

人材育成のポイント

@ 後輩を信頼し、尊敬すること。

 いつまでも信頼を寄せず、いつまでも疑いの目で接していては、善い人材は育たない。


A 実際に仕事を任せ、活躍の場を与えること。

 任せた仕事が出来た時、与えた場で活躍した時は、一言でいいから「 労いの言葉 」と、明るい「 笑顔 」を心掛けよう。


B 悩み事をよく聞き、きちんと相談にのって、激励していくこと。

 報告や連絡を聞く以外は、ミスを非難するばかりで、その他一切の関わりを拒絶する陰湿なオーラを発散させる先輩になってはいけない。明るい「 笑顔 」と、「 励ましの言葉 」を心掛けよう。


 善い人材を育成する為には、我が弟、我が妹の如く思って、よく面倒を見てあげることが必要である。関わりを嫌う冷淡な先輩ではいけない。


 相互理解を深める為には、人間自身の偏見や差別を無くし、「 違いを尊重する 」ことと、明るい「 笑顔 」と、「 誠実な振る舞い 」が重要である。


 実際に、なかなか辛い現実がある。


 「 困難な条件に置かれていればいるほど、我々の強みを生かすことができ、自己を鍛えることができる。我々は安穏な地区で発展してゆこうとは思わない。なぜなら、安穏な地区は、誰でも来たがるし、誰でも生存できるからである。我々は主として困難な地区へ発展してゆかなければならない 」(『 周恩来選集( 1926年〜1949年 )』外文出版社 )


 ”勇気 ”と”忍耐 ”で「 今 」を勝ち切れ!「 未来 」を勝ち抜け!
posted by 555号発進! at 23:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。