MCHのHPもご覧ください。

2010年01月17日

阪神・淡路大震災から15年

 阪神・淡路大震災から15年。大地震は怖い。


 大地震と聞くと、1973年12月29日に公開された映画「 日本沈没 」を思い出す。監督は「 用心棒 」「 椿三十郎 」でチーフ助監督を務めた森谷司郎、特撮監督は「 ゴジラ対へドラ 」「 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン 」の中野昭慶、脚本は「 羅生門 」「 七人の侍 」の橋本忍、音楽は「 ゴジラの逆襲 」「 ゴジラ対メカゴジラ 」の佐藤勝、主演は「 宇宙大怪獣ギララ 」「 仮面ライダー対ショッカー 」の藤岡弘、共演は「 虹男 」「 日本誕生 」の小林桂樹の超大作である。


 また、1974年12月21日に日本公開された映画「 大地震 」( 原題:Earthquake )も思い出す。監督は「 チャンピオン 」のマーク・ロブソン、脚本は「 ゴッドファーザー 」のマリオ・プーゾ、音楽は「 ジョーズ 」「 スター・ウォーズ 」のジョン・ウィリアムズ、出演は「 ベンハー 」「 猿の惑星 」のチャールトン・ヘストン、共演は「 新・荒野の七人 馬上の決闘 」「 大空港 」のジョージ・ケネディの超大作である。”驚異のセンサラウンド方式 " と謳われた、観客が地震の振動を疑似体験できる特殊音響効果が懐かしい。


 読売新聞社のアンケートでは、6割以上の人が街の復興を実感している反面、家族を亡くした人々の半数が、「 未だ悲しみは癒えていない 」と回答している。どんな大建築よりも、「 心 」を立て直す事の方が難しいのだ。


 しかし、”最も苦しんだところが、最も幸福になる権利がある! ”のだ。 雄雄しく復興を遂げてきた神戸の英雄たちは今、大震災で学んだ”励ましの力 ”を地域へ、世界へ広げている。「 頑張ろう神戸! 」
posted by 555号発進! at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。