MCHのHPもご覧ください。

2009年11月02日

宇宙戦艦ヤマト メカニックファイナル

 ずっ〜と以前に購入したバンダイ「 宇宙戦艦ヤマト メカニックファイナル 」の組み立てを試みた。


 @「 艦首波動砲&ロケットアンカー 」と、A「 艦首ミサイル&メインレーダー 」と、B「 主砲塔&生活班ブロック 」と、C「大工作室 」と、D「 艦橋及び煙突ミサイル&パルスレーザー群 」と、E「 第三艦橋&中央コンピューター 」と、F「 艦載機格納庫 」と、G「 波動エンジン&カタパルト 」の8ブロックを連結させると、全長約37cmの宇宙戦艦ヤマトが完成するのだが・・・


 1. 各部品の組付力が超弱過ぎ。特に各部の外装版が超外れ易い。
 2. 船体が傾くと、主砲・パルスレーザー砲・艦橋が外れ落ちる。
 3. 各ブロックと各ブロックの接合力が超弱過ぎ。即行で外れる。
 4. 各ブロックの重量に接合力が耐えられず、連結維持が超困難。
 5. 上記1〜4の理由から、精神的に超イライラ。未完成で放置。


 余談だが、「 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 」の地球連邦艦隊に新デザインの”アンドロメダ ”が登場する事に驚いた。地球連邦政府は過去の教訓から学び、既得権確保に執着する高級官僚の思惑に左右される事なく、政治家主導でアンドロメダの建造を決議したのだろうか?艦首に2門の拡散波動砲を再装備しているようなデザインだが、その攻撃能力と存在意義に注目したい。
posted by 555号発進! at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TOYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131798363

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。