MCHのHPもご覧ください。

2009年07月27日

映画「 崖の上のポニョ 」鑑賞

 2008年7月に公開された映画「 崖の上のポニョ 」を劇場で鑑賞したのは公開2日目の7月20日( 日 )だった。


 しかし、あまりに面白くなく、途中の殆どを寝てしまい、物語の内容が全く解らなかったが、別にどうでもいいと思っていた。昨日、DVDを借りて鑑賞し直した。


 魔法使い夫婦の娘である魚の女の子が、「 妖怪人間 」みたいに「 早く人間になりた〜い 」と願い、偶然に人間の生き血を吸った時、半魚人に変わる能力を得る。更に、魔法で海水を浄化・精製した「 生命の水 」を浴び、人間への変身能力を身に付けた。


 しかし、人間の姿を維持する為には、大量の魔法力を必要とし、力が減衰すると、「 レインボーマン 」みたいに猛烈な眠気に襲われ、十分な睡眠を取らないと、元の魚の姿に逆戻りしてしまう。


 ポニョの大好物はハム。ラーメンも食べる。パンは嫌いらしい。バカにされると口から水鉄砲を放つ。


 ポニョが「 生命の水 」を奪い、制御不能な魔法力を発揮した為、月が地球に引き寄せられる異常事態が発生!各国の人工衛星は落下し、潮汐力増大に伴う大津波が海沿い街並みを襲う!地球は壊滅的な危機を迎える!


 ポニョの母・グランマンマーレは「 海なる母 」と呼ばれる海全体の女神の様な魔法使いであり、ポニョを5歳の人間の女の子に変える事で魔法を解き、地球の危機を救った。


 「 ひまわりの家 」で介護を受けていた車椅子の老婦人達は、「 生命の水 」の影響なのか、「 コクーン 」みたいな元気な老人に変身した。


 人間になったポニョの未来は、5歳児の男の子・宗介に託された。リサと耕一の養女になったと思われる。
posted by 555号発進! at 00:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。