MCHのHPもご覧ください。

2009年04月11日

映画「 レッドクリフ PartU 」鑑賞

 「 レッドクリフ PartU ー 未来への最終決戦 ー 」は期待通りの素晴らしい大決着だった!


 『 心 』が破れない限り、いかなる窮地も、最後は『 信じる心 』で勝ち越えられる!


 命を顧みず主君に尽くす剛勇・趙雲!敵を投げ飛ばす猪突猛進の豪傑・張飛!天下に名を轟かせる猛将・関羽!武将ビッグ3の『 忠誠 』『 忠義 』『 仁義 』も、その根本は『 信じる心 』である!


 『 ひとたびこれを決意し、恐れずに一歩を踏み出すなら、外側のすべての環境や限界性は私たちに道を譲ります 』とは、ヘレン・ケラーの言葉である。( 『 光りの中へ 』鳥田恵訳 めるくまーる )『 偉大な魂を持つ人は、大きな災害に投げ込まれると、哲学の中に、おどろくべき打開策を見い出すものである 』とは、作家デュマの言葉である。( 「 黒いチューリップ 」『 世界の文学7 』所収 松下和則訳 中央公論社 )「 約束したことは、最後まで違えません 」”風を読む ”天才軍師!諸葛亮孔明の神がかり的な作戦が見事に成功!


 「 海賊と見下されても、誇りがあれば十分だ! 」不屈の心!命を賭して大門突破を果たした甘興の勇気ある突撃魂に敬意!


 「 集中力さえあれば、小石で巨人をも倒せる! 」人徳の司令官!闘う心!周瑜の巧妙な頭脳戦!「 誇りのためだ!たとえ勝てなくても、戦わねばならぬ!」孤高の心!孫権の勇気ある覚悟!『 正しいから勝つとは限らない。正しいからこそ、勝たねばならない。悪に勝ってこそ、初めて、善であることが証明される 』


 完全な女性というのは、『 りっぱに着飾った貴婦人とかではなく、他人の幸福のために、手と頭と心を働かせる人 』とは、イギリスの作家・詩人ハーディの言葉である。( 井上宗次・石田英二訳『 テス 』岩波文庫 )「 民のため、この戦いをやめてください! 」仁愛の心!小喬の勇気ある決断に感服!


 敵陣潜入!「 私は逃げない!必ず戻ってくる! 」純真の心!尚香の勇気ある行動に敬服!『 義は勇に因りて行はれ 勇は義に因りて長ず 』( 正義は勇気によって実行される。勇気は正義によって成長する )とは、吉田松陰の言葉である。


 「 全軍突撃!赤壁を奪え! 」野望の心!才能ある曹操の戦略が崩れた原因とは?!人間が人間を滅ぼそうとする諸悪の原因は、人間の『 貪欲性 』と『 侵略性 』、その根源は他者への尊敬や平等を考えない『 自己中心性 』という闇である。『 敵と申す者は忘れさせて狙うものなり 』との言葉の意味は、恐れるべきは敵ではなく、自分の心に潜む歪んだ『 欲望 』や『 傲慢 』、更には『 慢心 』『 油断 』への戒めである。


 世界的不況・不信の時代だからこそ、現状を正しく分析し、打開の道を見つける『 知恵 』が必要である。その『 知恵 』を、どんな局面でも行き詰ることなく発揮していくための『 生命力 』と『 福運 』は、常に『 一人立つ 』勇気の心から発生する。


 『 一人立つ 』勇気の心が結集した『 団結 』が、完全勝利の絶対要諦である!


『 未来は精一杯努力する人たちのものである 』とは、フランスの哲学者ベルクソンの言葉である。( 『 ベルクソン全集8 』花田圭介・加藤精司訳 白水社 )


 「 一人一人の決断で今を変えて新しい未来を作りましょう。みなさんがそれぞれの「奇跡」を起こす時です。未来に勇気を。Imagine Future. 」とは、ジョン・ウー監督の言葉である。
posted by 555号発進! at 21:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。