MCHのHPもご覧ください。

2010年07月12日

テレビドラマ「 必殺仕事人 2010 」鑑賞

 「 必殺仕事人 2010 」を鑑賞した。


 中村主水( 藤田まこと )は急ぎの命を請け、西方へ赴くことになり、江戸を離れた。


 「 必殺仕事人 中村主水 」の旅立ちは、誠に残念だ。


 しかし、中村主水の志は、渡辺小五郎( 東山紀之 )が確実に引き継いでくれることと期待している。


 東山紀之にとって、「 必殺仕事人 渡辺小五郎 」は、一生もんのはまり役になるだろう。


 今後30年、渡辺小五郎の”仕事振り ”が観られると思うと、誠に嬉しい。


 今の小五郎は、速く、力強く、美しく、誠に素晴らしい剣さばきで的を斬り裂いているが、20年も経てば、そんな小五郎も、晩年の主水同様、的の油断や隙を突いた、面白卑怯な騙し斬り( 刺し )を行なう様になるのだろう。是非、そうなってもらいたい。


 また、そんなシーンを観るまでは、元気に死なずに生きていたい。


 一掛け、二掛け、三掛けて、仕掛けて、殺して、日が暮れて、橋の欄干腰下ろし、遥か向こうを眺むれば、この世はつらい事ばかり。片手に線香・花を持ち、おっさんおっさん何処行くの?私は必殺仕事人、中村主水と申します。

 「 それで今日は、いったい何処の誰を殺れと仰るんで・・・ 」


 目刺を供えて、合唱・・・
posted by 555号発進! at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。