MCHのHPもご覧ください。

2010年05月05日

北本天然温泉 楽市楽湯

 「 北本天然温泉 楽市楽湯 」( http://www.rakuichirakuyu.com )に行って来た。料金は連日600円という安価だった。


 地価1,200mから湧き出る有効成分は、肌ツルツルの重曹成分と、湯上りポカポカの食塩成分のW効果。ナトリウム塩化物炭酸水素塩の天然温泉。お湯は薄い黄渇色、香りと味は特に感じられなかった。


 「 竜燈の湯 」と「 あけぼの 」と呼ばれる浴場が毎日男女入れ替え制。本日は「 竜燈の湯 」に入浴。次回、「 あけぼの 」も入浴しなければならない。


 決して広くない露天スペースだが、多数の大岩で造形された「 露天岩風呂 」は、高低差を巧みに使って情緒ある雰囲気の空間演出に成功している。


 「 うたた寝コーナー 」と「 寝ころび湯 」と「 炭酸泉 」は、「 竜燈の湯 」の露天スペースのみ設置されている。


 「 薬湯 」と「 壷湯 」は「 あけぼの 」の露天スペースのみ設置されている。本日の「 薬湯 」は「 ヒアルロン湯 」だった。


 「 ソルティサウナ 」と「 ヘルツバス 」は両方の浴場に設置されている。


 特に面白いのは、内湯スペースに”2階 ”がある設計である。決して広くない内湯スペースを、最大限に有効活用するため、階段を登った上に「 高温サウナ 」と「 水風呂 」と、”多彩で楽しいジェットバスコーナー ”がある。また、”多彩で楽しいジェットバスコーナー ”は、1階にもある。


 特に楽しいのは、「 竜燈の湯 」と「 あけぼの 」の”多彩で楽しいジェットバスコーナー ”は、内容がそれぞれ異なっている点である。


 浴室内の総タイル貼りデザインは、レトロで落ち着いた雰囲気を感じさせて誠に心地良い。


 午後12時10分に入館し、午後3時25分に退館した。次回、「 あけぼの 」も入浴しなければならない。
posted by 555号発進! at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。