MCHのHPもご覧ください。

2009年04月03日

グルコアルブミン検査

 日本赤十字社では、献血者全員に7項目の生化学検査を実施、検査結果の成績表を郵送しています。


 このたび、国民の生活習慣病等の疾病構造の変化に伴い、検査項目を見直し、2009年3月15日から「 グルコアルブミン検査 」( 糖尿病関連の検査 )の導入を始めました。


 現在、日本の糖尿病患者は、予備軍を含めて約2,210万人といわれ、生活習慣や社会環境の変化に伴い、急速に増加しています。


 糖尿病の初期段階では、自覚症状が無い場合が多く、気づかないまま、放置されてしまうことが少なくありません。


 定期的に献血を行ない、グルコアルブミン検査で糖尿病をチェックし、健康管理に役立てたいと思います。


 グルコアルブミンは、過去約2週間の血液中のブドウ糖量( =血糖値 )の平均値を反映しているといわれ、標準値は16.5%未満ですが、15.6%以上は黄色信号の点灯です。


 私の場合、3月26日の検査結果は12.4%でした。


 西早稲田の友人I.K君も、是非、検査してもらいたいが、健康に全く無関心で、献血自体を拒否される血液状態では、なかなか難しいと思います・・・
posted by 555号発進! at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。